Welcome to Michito Tsuruoka's blog. This space is mainly used to announce my new publications. Any comments and suggestions are more than welcome.

2016/10/09

NATOにおける核態勢の新展開――ワルシャワ首脳会合コミュニケを読む

鶴岡路人「NATOにおける核態勢の新展開――ワルシャワ首脳会合コミュニケを読む」『NIDSコメンタリー』(防衛研究所)第54号(2016年10月6日)が刊行されました。

2016年7月のNATOワルシャワ首脳会合では、バルト三国およびポーランドへの計約4,000名(4個大隊)の「事実上の」常駐に関する合意が注目されましたが、核抑止に関してNATOとしてどのようなメッセージを発するのかも、関係者の間では重要な論点でした。その背景には、ウクライナ危機以降相次ぐ、ロシアによる核の威嚇(nuclear sabre-rattling)」がありました。それにNATOとしていかに対応できるかが問われていたわけです。

結果として今回は、かなり直截的な表現が使われていまして、ロシアに対する非常に明確なメッセージになっています。「潜在的敵国の計算の複雑化」や、「敵対国に対して耐え難く、またそうした国が期待するであろう利益を大きく上回るコストを負荷」といった文言は、冷戦を彷彿とさせます。ロシアによる核の威嚇をこれ以上放置することはできないという、NATOの強い懸念と決意がうかがわれます。

同時に、NATOが本気になったということは、米国が本気になったということでして、この問題は、日本でもそろそろもう少し真剣に議論しないといけないかもしれません。

NATOワルシャワ首脳会合コミュニケの第53、54パラグラフが、核態勢に関する該当箇所です。両パラグラフは、拙稿文中で全訳していますが、英語の原文はこちらでご覧ください。

PDF:http://www.nids.mod.go.jp/publication/commentary/pdf/commentary054.pdf



2016/09/05

欧州における同盟、集団防衛、集団的自衛権(『国際安全保障』寄稿論文)

鶴岡路人「欧州における同盟、集団防衛、集団的自衛権――新たな脅威へのNATO、EUによる対応」国際安全保障学会編『国際安全保障』第44巻、第1号(2016年6月)が刊行されました。

9.11テロを受けたNATOによる北大西洋条約第5条(集団防衛条項)の発動と2015年11月のパリでの連続テロ事件を受けたEUのリスボン条約第42条7項(相互援助条項)の発動を事例に、欧州における集団防衛や集団的自衛権の実践について考えてみました。集団的自衛権に関する欧州と日本の理解の相違は、やはりかなり大きなものがありそうです。

今回は、「同盟関係の現在」という特集号でして、細谷雄一編集主任のもと、日米、米豪、米韓の各同盟に関する興味深い論考が掲載されています。

安全保障学会の会員の皆様には郵送されていますが、会員以外の方は、下記内外出版社のサイトで購入可能です。拙稿については、ご連絡いただければPDFをお送りいたします。目次は下記のとおりです。

内外出版株式会社販売サイト:http://www.naigai-group.co.jp/_2016/06/441.html


【目次】
  • 21世紀の同盟関係――日本の視座から (細谷雄一)
  • 「日米防衛協力のための指針」からみた同盟関係――「指針」の役割の変化を中心として (德地秀士)
  • 米豪同盟と中国――「二重のトレンド」の顕在化 (石原雄介)
  • 米国のアジア太平洋リバランス政策と米韓同盟――21世紀「戦略同盟」の三つの課題 (阪田恭代)
  • 欧州における同盟、集団防衛、集団的自衛権――新たな脅威へのNATO、EUによる対応 (鶴岡路人)

2016/08/28

The NATO vs. East Asian Models of Extended Nuclear Deterrence? (The Asan Forum)

Michito Tsuruoka, 'The NATO vs. East Asian Models of Extended Nuclear Deterrence? Seeking a Synergy beyond Dichotomy', Asan Forum, Vol. 4, No. 3 (May-June 2016) has been published and is available at the Asan Forum website.

URL: http://www.theasanforum.org/the-nato-vs-east-asian-models-of-extended-nuclear-deterrence-seeking-a-synergy-beyond-dichotomy/

The article compares the NATO and East Asian models of extended nuclear deterrence and explores how we can put the two in a more coherent framework of analysis - a spectrum of nuclear burden-sharing is something I wanted to introduce.


韓国のアサン政策研究所が隔月で刊行している英文オンラインジャーナルのAsan Forumに、「The NATO vs. East Asian Models of Extended Nuclear Deterrence? Seeking a Synergy beyond Dichotomy」を寄稿しました。

NATOと東アジア(日米、米韓)における拡大核抑止態勢の間には、当然のことながら大きな差異がありますが、それを踏まえつつも、「核抑止に関するバードン・シェアリング(nuclear burden-sharing)」という視点で、さまざまな具体的要素を一つの軸に入れられるのではないかと考えてみました。本文中にも掲載しましたが、それを簡単に図示すると以下のような感じです。上へいくほど、より深い・重いバードン・シェアリングになります。

核抑止に関するバードン・シェアリングのヒエラルキー



2016/07/31

英国離脱で弱体化の避けられないEU外交

鶴岡路人「英国離脱で弱体化の避けられないEU外交――新たなゲートウェイ探しを迫られる日本」をハフィントン・ポスト日本版ブログ(2016年7月12日)に寄稿しました。

記事URL: http://www.huffingtonpost.jp/michito-tsuruoka/brexit-eu_b_10934750.html


英国の国民投票直後に書いた「EU側から見た英国離脱の衝撃」(2016年6月30日)の続編です。同小文は、その後、7月5日に『朝日新聞』でも紹介していただきました。

英国のEU離脱問題は、日本でもかなり関心の高い状況が続きましたが、そろそろ落ち着いた感じかもしれません。しかしだからこそ、改めて、その背景や今後について検討を深めることが必要なのだと思います。引き続きフォローしなければならないトピックです。

2016/07/02

Europe's potential in addressing maritime security in Asia



It argues that Europe has a potential to play a substantial role in Asia's maritime security. Both Europeans and Asians need to realise Europe's potential.



ブリュッセルのシンクタンクEPC(European Policy Centre)のCommentaryのシリーズに、「アジアの海洋安全保障への対処における欧州の潜在性」と題した小文を寄稿しました。

アジアの安全保障における欧州の役割に関しては、アジア側でも欧州側でも懐疑的な議論が根強いことは事実です。それでも、欧州は実は大きな責任と潜在性を有しているという議論をしてみました。

EU側からみた英国離脱の衝撃

鶴岡路人「EU側からみた英国離脱の衝撃」を、ハフィントン・ポスト日本版のブログ(2016年6月28日)に寄稿しました。

記事URL: http://www.huffingtonpost.jp/michito-tsuruoka/analyze-brexit-from-viewpoint-of-eu_b_10710552.html


6月23日の英国での国民投票におけるEU離脱派の勝利は衝撃的でした。実際に英国がEUから離脱するにはまだ時間がかかりますし、今後の情勢次第では、最終的に離脱しない可能性を含め、紆余曲折が予想されます。

国民投票直後から、日本でも、離脱の決定を導いた英国国内の要因の分析はさまざまになされてきましたが、EU側がどのように捉えているのか、そしてEU内の政治力学にどのような影響を及ぼすことになるのかについては、まだまだ議論が不足しているようです。そこで、EU側からみた英国離脱について小文を書いてみました。

離脱となれば英国にとって大きな変化になるのは当然ですが、もしかしたらEUにとっての変化の方が大きいのかもしれません。それだけ、EUにおける英国は大きな役割を果たしてきた主要国だったのです。

2016/06/07

NATO's Challenges as Seen from Asia (Polish Quarterly of International Affairs)

Michito Tsuruoka, 'NATO's Challenges as Seen from Asia: Is the European Security Landscape Becoming Like Asia?' The Polish Quarterly of International Affairs, Vol. 25, No. 1 (2016) has just been published from PISM (Polish Institute of International Affairs) in Warsaw. It is a NATO summit special issue, compiling a series of articles on NATO, including those by my friends and colleagues.

My argument is simple, as shown in the subtitle of my article, though I did not need to put the question mark. The European security landscape and security challenges in Europe are indeed becoming like Asia. Europe now has to deal with such challenges as change of the status quo by force, hybrid warfare, nuclear intimidation, adversaries' A2AD capability, etc. Asians have been quite familiar with those challenges...

Should you need a PDF of my article, please let me know. More information available below.

http://www.pism.pl/publications/journals/The_Polish_Quarterly_of_International_Affais/2016/1


ポーランド国際問題研究所(PISM)刊行のThe Polish Quarterly of International Affairsの最新号に、小文「アジアから見たNATOの課題――欧州の安全保障環境はアジアに類似してきているのか?」を掲載しました。今回はNATO首脳会合特集号でして、NATO関連の論文が多数掲載されています。目次は下記で見られます。

http://www.pism.pl/publications/journals/The_Polish_Quarterly_of_International_Affais/2016/1

内容は副題のとおりでして、力による現状変更、ハイブリッド戦争(グレーゾーン事態)、核による威嚇、敵対勢力によるA2AD能力の向上等、欧州安全保障の課題は、アジアが以前から悩まされてきた課題に似てきました。だからこそ、欧州とアジアの間で今まで以上に真剣な対話と協力が必要になるわけです。

拙稿のみPDFがありますので、ご入用の方はご連絡くださいませ。


2016/03/27

The Role of the EU and NATO for Japan's Security (KAS Japan Conference)

Konrad Adenauer Stiftung (KAS) Japan office hosted a conference 'The Role of the EU and NATO for Japan's Security' on 9 March in Tokyo, where I gave a talk on NATO-Japan relations. The agenda and selected slides from the conference (including mine) can be found below.

URL: http://www.kas.de/japan/en/events/67274/




(Photos: KAS Japan)

2016/03/26

ブリュッセルでのテロ事件(TBSラジオ「荻上チキ・Session-22」)

3月22日にブリュッセルで発生した連続テロ事件を受けて、3月23日のTBSラジオ「荻上チキ・Session22」に、放送大学教授の高橋和夫先生とともに出演し、議論しました。しばらくの間、下記サイトで聴くことができます。

サイト: http://www.tbsradio.jp/16595
Podcast: http://podcast.tbsradio.jp/ss954/files/20160323main.mp3

(写真:TBSラジオ)

リスボン条約第42条7項

鶴岡路人「リスボン条約第42条7項――パリ同時テロ事件を受けたEUにおける対応」『NIDSコメンタリー』第51号(2016年2月10日)が刊行されました。防衛研究所のサイトからダウンロード可能です。

PDF全文:

リスボン条約(EU条約)第42条7項の「相互支援条項」は、武力侵略発生時の集団防衛を規定した条項です。しかし、発動のための手続きや発動された際の履行についての規定が全くないばかりか、EU条約の規定であるにもかかわらず、EUの役割が条約上は一切存在しないなど、いろいろな意味で特殊な条項です。

この条項が実際に使われる日が来るとも、ほとんど考えられていなかったようですらあります。それだけに、今回の史上初めてとなる発動は、さまざまに検討する必要があるのでしょう。そのための最初の一歩として、現時点で考えられることをまとめてみました。


2015/12/27

パリ連続テロ事件を受けた欧州・中東情勢(BSフジ「プライムニュース」)

12月4日(金)にBSフジの「プライムニュース」に出演し、パリ連続テロ事件を受けた欧州情勢についてお話しました。主要部分の抜粋のテキストが番組のサイトに掲載されています。特集は、「場外乱闘 露VSトルコ 対『イスラム国』暗雲」という、何とも刺激的なタイトルでして、前外務副大臣の城内実衆議院議員、同志社大学教授の内藤正典先生とご一緒させていただきました。

当初は、パリでのテロ事件を受けた欧州の対応とシリア情勢という問題設定だったのだと思いますが、11月24日にトルコによるロシア機撃墜事件が発生したため、結果として「場外乱闘」の部分が大きくなった感じです。

テキストアーカイブ:http://www.bsfuji.tv/primenews/text/txt151204.html

(写真:BSフジ)

細谷雄一編『戦後アジア・ヨーロッパ関係史』

細谷雄一編『戦後アジア・ヨーロッパ関係史――冷戦・脱植民地化・地域主義』(慶應義塾大学出版会、2015年)が刊行されました。私は、第11章「冷戦と日欧政治・安全保障関係」を寄稿いたしました。慶應義塾大学東アジア研究所のプロジェクトとして2012年から共同研究してきたものの成果です。お手にとっていただければ幸いです。

慶應義塾大学出版会サイト:
https://www.keio-up.co.jp/np/isbn/9784766422894/
Amazonco.jpサイト:
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4766422899/keioup-22


上の写真には入っていませんが、本の帯(および序章)では「戦後国際政治史を問い直す」と大きく掲げられています。目次は以下のとおりです。

【目次】

序章 戦後国際政治史の新しい視角(細谷雄一)
第1章 西側同盟のグローバル化
     ――ヨーロッパ冷戦からアジア冷戦へ(細谷雄一)
第2章 フランスと東アジア、1945-1951年
     ――「第二次世界大戦の論理」と「冷戦の論理」のはざまで(宮下雄一郎)
第3章 イギリスと東アジア、1945-1948年
     ――英中友好通商航海条約交渉を中心に(林大輔)
第4章 コモンウェルスの絆
     ――マクミラン首相のアジア歴訪、1958年(小川浩之)
第5章 帝国の終焉と同盟の解体
     ――イギリスの脱植民地化政策とSEATO(水本義彦)
第6章 イギリスの核不拡散政策とインド、1964-1968年(小林弘幸)
第7章 「一つの中国」と東西ドイツ
     ――中国と西ドイツの国交正常化(福田円)
第8章 東西ドイツ関係と日本――1966-1981年(鈴木均)
第9章 似て非なる関係
     ――南北朝鮮、東方政策、EC諸国、1969-1975年(山本健)
第10章 地域間関係の制度化
     ――ECのASEAN政策、1975-1980年(黒田友哉)
第11章 冷戦と日欧政治・安全保障関係(鶴岡路人)

あとがき
索引
 

2015/11/01

ヨーロッパへどのように発信するか

鶴岡路人「ヨーロッパへどのように発信するか―-パブリック・ディプロマシーの方策と課題」『EUSI Commentary』第62号(2015年10月26日)がEUSI東京のサイトで公開されました。

URL: http://eusi.jp/mail-magazine/commentary/commentary_062/
URL (PDF): http://eusi.jp/wp-content/uploads/2015/10/EUSI-Commentary-vol62.pdf

最近、国際会議等でヨーロッパ人相手に日本やアジアについてお話することが少なくありませんで、パブリック・ディプロマシーとしての発信について日頃考えていることをまとめてみました。何が重要なのか、どのような落とし穴が存在するのか。まだまだ試行錯誤の連続でして、これからも模索を続けていきたいと思います。


2015/10/08

『グローバル安全保障のためのパートナー――日英防衛・安全保障関係の新たな方向』

ジョナサン・アイル、鶴岡路人、エドワード・シュワーク編『グローバル安全保障のためのパートナー――日英防衛・安全保障関係の新たな方向』国際共同研究シリーズ12(防衛省防衛研究所、2015年9月)が刊行されました。全文が防衛研究所のサイトからダウンロード可能です。

これは、英RUSI(英王立防衛安全保障研究所)と防衛研究所による共同研究の成果でして、RUSIから4名、防研から3名の研究者が執筆を担当しました。

防研サイト(日本語版):
http://www.nids.go.jp/publication/joint_research/series12/series12.html
RUSIサイト(英語版):
https://rusi.org/publication/whitehall-reports/partners-global-security-new-directions-uk-japan-defence-and-security

【目次】
序章  日本と英国―戦略的関係のためのアジェンダ (ジョナサン・アイル)
第1章  安倍政権下の日本の防衛・戦略態勢 (佐竹 知彦)
第2章  アジア太平洋地域における英国の安全保障政策(エドワード・シュワーク)
第3章  アジアと欧州の海洋安全保障 (ピーター・ロバーツ)
第4章  アジアおよび世界における日本の防衛外交 (鶴岡 路人)
第5章  アフリカの平和・安定に向けた日英協力 (神宮司 覚)
第6章  日英防衛装備協力の展望 (トレバー・テイラー)
終章  日英協力の課題と行方 (鶴岡 路人)


A Japanese version of the RUSI-NIDS joint publication on the UK-Japan defence and security relationship is now available at the NIDS website here. An English version was published by RUSI in August 2015 and available at the RUSI website here.

2015/09/12

Partners for Global Security (RUSI-NIDS joint research publication)

Jonathan Eyal, Michito Tsuruoka and Edward Schwarck (eds.), Partners for Global Security: New Directions for the UK-Japan Defence and Security Relationship, Whitehall Report, 3-15 (London: RUSI, 2015) is now available at the RUSI website.

This is a result of a joint research project between the Royal United Services Institute for Defence and Security Studies (RUSI) in London and the National Institute for Defense Studies (NIDS) in Tokyo. I co-edited this with RUSI's Jonathan Eyal and Edward Schwarck. Seven researchers from the two institutes contributed to this volume as the following.

Introduction: Japan and the UK - An Agenda for a Strategic Partnership
  Jonathan Eyal
Chapter 1: Japan's Defence and Strategic Posture under the Abe Administration
  Tomohiko Satake
Chapter 2: Understanding the UK's Security Policy in the Asia-Pacific
  Edward Schwarck
Chapter 3: Maritime Security in Asia and Europe
  Peter Roberts
Chapter 4: Japan's Defence Diplomacy in Asia and Beyond
  Michito Tsuruoka
Chapter 5: Japan-UK Cooperation in Peace and Stability in Africa
  Akira W Jingushi
Chapter 6: The Prospects for Japan-UK Collaboration in Defence Equipment
  Trevor Taylor
Chapter 7: Conclusion - Challenges and the Way Ahead
  Michito Tsuruoka

RUSI page:
https://rusi.org/publication/whitehall-reports/partners-global-security-new-directions-uk-japan-defence-and-security
PDF link:
https://rusi.org/sites/default/files/201508_whr_3-15_partners_for_global_security.pdf


英RUSI(英王立防衛安全保障研究所)と防衛研究所との間の日英協力に関する共同研究の英語版がRUSIから刊行されました。2014年前半にスタートし、2015年春にはロンドンでワークショップを開催するなどして進めてきました。

日本側からは、佐竹知彦、神宮司覚の両研究員と私が執筆しています。日本語版は防衛研究所から近々刊行予定です。

2015/07/29

静かに進展する日欧安全保障・防衛協力

鶴岡路人「静かに進展する日欧安全保障・防衛協力」『EU MAG』(2015年7月27日)がウェブにアップされました。『EU MAG』は、駐日欧州連合代表部の公式ウェブマガジンでして、「ニュースの背景」というコーナーでの掲載です。

記事へのリンク:http://eumag.jp/behind/d0715/


「静かに進展する」という部分が鍵でして、近年急速に深まる日欧間の安全保障・防衛協力は、一部の専門家や実務家以外には、ほとんど知られていないという問題が存在しています。あまり知らないことについ懐疑的になってしまうのは、人間の本性の一部でしょうし、すでに実現している協力を意識しないことには、将来の可能性も逸してしまう懸念があります。

そのため、まずは、これまでの協力についての認識を深め、今後さらにどのような可能性・利益があるかを考えるきっかけを作ることが重要なのでしょう。

2015/06/20

EUSI Symposium on EU-Japan Relations, Keio University, 27 June

The European Union Studies Institute (EUSI) Tokyo is to host an international symposium on EU-Japan relations on Saturday, 27 June at Keio University (Mita Campus). I will be speaking on the 'China factor' in Europe-Japan relations. Other speakers are Axel Berkofsky, Paul Midford, Akira Muto, Julie Gilson and Alexander McLachlan. No registration is needed. Look forward to seeing you there.




6月27日(土)に慶應義塾大学でEUSI主催の日EU関係に関するシンポジウムが開催されます。日欧の研究者と実務家がスピーカーとして参加します。私は日欧関係における「中国要因」についてお話する予定です。英語のみで同時通訳はありませんが、事前登録は不要です。ご関心のおありの方は是非お越しくださいませ。



2015/06/06

Routledge Handbook of Nuclear Proliferation and Policy

I have contributed a chapter 'Nuclear Proliferation, Deterrence and Strategic Stability in East Asia: The United States, China and Japan in a Changing Strategic Landscape' to Routledge Handbook of Nuclear Proliferation and Policy (Abingdon: Routledge, 2015), edited by Joseph Pilat and Nathan Busch.

My chapter is mainly about extended deterrence between the US and Japan, strategic stability between the US and China and their interaction. Other contributors include Michael Nacht, Michael Ruehle, Steven Pifer and Tatsujiro Suzuki among others.

You can preview the book at Google Books:
https://books.google.it/books?id=A5VhCQAAQBAJ&printsec=frontcover&hl=ja#v=onepage&q&f=false

Publisher's website:
http://www.routledge.com/books/details/9780415870399/


Joseph Pilat and Nathan Busch (eds.), Routledge Handbook of Nuclear Proliferation and Policy (Abingdon: Routledge, 2015)に、「東アジアにおける核拡散、抑止、戦略的――変化する戦略環境のなかの米国、中国、日本」というチャプターを寄稿いたしました。主に、日米間の拡大抑止、米中間の戦略的安定、そしてその両者の関係を検討しています。

ハードカバーのみで、価格も図書館仕様ですが、Google Booksでプレビューできます。
https://books.google.it/books?id=A5VhCQAAQBAJ&printsec=frontcover&hl=ja#v=onepage&q&f=false

出版社(Routledge)のサイトはこちらです。
http://www.routledge.com/books/details/9780415870399/

2015/05/31

第93回東京財団フォーラム「前米大統領補佐官が語るウクライナ危機と日米露関係」

5月26日に第93回東京財団フォーラムとして開催された「前米大統領補佐官が語るウクライナ危機と日米露関係」のビデオがYouTubeにアップされました。

現GMF会長でオバマ政権の欧州担当大統領特別補佐官・NSC欧州担当上級部長等を務めたKaren Donfriedさんをメインスピーカーに、同じくGMFのDan Twiningさん、東京財団の畔蒜さんと私がパネリストを務めました。司会は東京財団の渡部さんです。(ビデオの音声は会場でのオリジナル音声ですので、英語と日本語が混合しています。)

当日は沢山の方々にお越しいただきました。ありがとうございます。

URL:https://www.youtube.com/watch?v=NP1ezkSFDcs


2015/05/16

ウクライナ危機を受けたNATOの新たな課題

鶴岡路人「ウクライナ危機を受けたNATOの新たな課題――集団防衛、即応性、ハイブリッド戦争」『ブリーフィング・メモ』(防衛研究所、2015年5月)が防衛研究所のサイトに掲載されました。

2014年9月の英ウェールズでのNATO首脳会合で合意された「即応性行動計画(Readiness Action Plan: RAP)」、そしてそのなかの目玉である「高度即応統合任務部隊(Very High Readiness Joint Task Force: VJTF)」を中心に、集団防衛の課題、即応性やハイブリッド戦争に関して求められているもの等を考えてみました。

PDFリンク:http://www.nids.go.jp/publication/briefing/pdf/2015/201505.pdf